ニキビを予防する為の化粧品の選び方

一般的にニキビ洗顔において固形石鹸、洗顔フォーム、ジェルタイプ等の洗顔料がありますが、よく使われているのは洗顔フォームです。 何故かその方が刺激が少ないというイメージを持っている方が多いです。

只、フォームであろうと石鹸であろうと洗顔をちゃんとする事は大事なのですが、皮脂を取り過ぎてしまうことは禁物です。 洗顔料は、よく選ばないと、強力に肌を洗浄する合成界面活性剤が含まれているものが多いのです。

ニキビの洗顔料で最近人気になっているものは、ピーリング石鹸や泡立ち重視のものが人気も高くなっています。 しかし、脂性肌が原因でというよりは、間違った洗顔料を使うことによって、肌のバリア機能が低下した上、脂分を過剰に分泌してしまっているケースが多いのです。

基本的には低刺激性のものをしっかり泡立て優しく、クルクルとマッサージしながら洗い、丁寧に洗い流します。 清潔なタオルで、上から押さえるように優しく水分をふき取ります。 少し物足りなくても、肌へやさしく適度に脂分や皮脂を落としてくれるものを使うことが重要なのです。

乾燥肌の人でもニキビにはなりますので、その時は、しっとりタイプの洗顔料を選ぶとよいでしょう。 脂肌の人は、Tゾーンを念入りに、そしてさっぱりタイプを選びましょう。

ニキビケアに使われている硫黄やサリチル酸を配合したものは殺菌や角質を柔らかくする作用がありますので、お奨めです。 スクラブ系の洗顔は、却って炎症を起こしている肌を傷つけてしまいますので、避けましょう。