HOME > 思春期のニキビと大人のニキビとの違い

思春期のニキビと大人のニキビとの違い

主にニキビができるのは、10代~20代にかけての思春期に出来ます。 一般的に、顔や背中、胸などに脂っぽい部分に出来る吹き出物の一種とされています。 又、思春期の頃は女性ホルモンよりも男性ホルモンの分泌が盛んと言うこともあって、皮脂が多く分泌が多くなります。

成人する頃には、ホルモンのバランスも整い、自然と吹き出物もできなくなります。 対処法としては、皮膚の新陳代謝が活発に行われるよう、規則正しい生活をして、毎日の洗顔とスキンケアに加え、食生活を改善することが大切です。

ところが、大人のニキビは20代以降に始まり、原因が過剰な皮脂が原因とばかり云えず、脂っぽくない部分にも出来ます。 そこが、思春期ニキビとの違いです。 特に女性は生理前の2週間は、黄体ホルモンの分泌により、皮脂分泌がさかんになるためニキビができやすくなります。

主にストレスや生活習慣の乱れで皮膚の新陳代謝が正しく行われていないと、角質層が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなることが原因です。 それに、女性は長時間にわたるメイクや間違ったスキンケアその他、多忙なあまり不規則な食事や睡眠不足による、ホルモン代謝の異常などが考えられます。 大人ニキビの対処法として、とにかく清潔にすることです。 洗顔も優しく洗い、洗顔後もタオルで押さえるようにそっと拭くようにしましょう。