HOME > ニキビケア・アクネ菌を知る

ニキビケア・アクネ菌を知る

アクネ菌は、ニキビの大敵みたいに云われていますね。 実は、アクネ菌は誰のお肌にもいる常在菌で、皮膚を弱酸性にたもって、他の病原菌の進入や繁殖を抑える役目をしています。 このように本来は私たちの肌を健やかに保ち守ってくれる菌なのです。 では、何故ニキビが出来る原因とまでいわれているのでしょう。 普段はおとなしく常在している菌なのですが、ある時突然豹変します。

どんな時に悪者となってしまうのか、それは過剰に分泌された皮脂や角栓や汚れなどで毛穴が詰まることによって、大好物の皮脂を食べようと毛穴の周りにいるアクネ菌が寄ってくる時です。 もともと、酸素があると生育できない菌ですが、毛穴が詰まることによって酸素がいきわたらなくなり、皮脂を栄養として、どんどん繁殖していきます。

しかし、アクネ菌もポルフィリンという物質を分泌して、大量の活性酸素で、ニキビの炎症や皮膚細胞を破壊する働きがあることが解るようになりました。 アクネ菌がどういう菌であるかを知れば、ニキビは怖くありません。 毎日きちんと洗顔をして、自分に合った最適なスキンケアを行い、毛穴を詰まらせないようにしましょう。